口臭を悪化させる食べ物・飲み物について

普段口にしている飲み物、食べ物が口臭の原因になっていることは意識していますか?大丈夫だろうと思って口にしているものが実は口臭をひどくさせてしまっていることも。

 

口臭が気になる場合、人と会う約束がある時や普段の食べ物を注意することで気になる口臭を弱くさせることができます。

 

ここでは口臭の原因となり得る飲み物や食べ物について紹介します。

 

口臭が臭くなる飲み物

愛飲している人が多いコーヒーは、実は口臭悪化の原因になることがあります。これはコーヒーの成分が舌の糸状乳頭の隙に粒子が入り込みやすいため。コーヒー口臭は、水で口を濯げば簡単に防ぐことができます。

 

また、コーヒーには高い利尿作用があるため唾液を減らす原因となり、このことで口内が乾燥して、悪臭を引き起こしてしまうのです。

 

また、お酒も口臭を悪化させる原因のひとつです。分解されたアルコールは、体内でアセトアルデビトに変換され、肺を通して強い口臭となってしまいます。

 

お酒を飲んだ人のお口ってひどい臭いがしますよね。近くに寄っただけでお酒臭がプンプンしています。

 

更に言えば、糖分が豊富に含まれている飲み物は、総じて口臭の原因になりやすいです。糖分によって歯垢が出来てしまうことで、口内環境が悪化し、悪臭が発生してしまうからです。

 

歯磨きを徹底することで対策をすると同時に、これらの飲み物の過剰摂取を抑えつつ、抗菌作用のある食べ物や、唾液分泌を促してくれる飲み物などを取り入れてみましょう。

 

口臭の原因となる食べ物

口臭の原因となる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。代表的な食べ物と言えば、「ニンニク」です。ニンニクがたっぷり入った餃子やパスタは美味しいのですが、その後は電車に乗るのも気を使います。

 

同じくニンニク科である、ニラやラッキョウなども匂いが気になる食べ物です。これらは、イオウ化合物が豊富に含まれ、これが体内で臭いのある成分に変化して、肺から発生して口臭になります。

 

これらのニオイは歯磨きをしても、胃の底から臭ってくるものなので口臭のニオイと重なって口臭がひどくなりやすいです。

 

他に、チーズや納豆などの食べ物自体が臭いを持っているものがあります。これらは食べてしばらくすると、唾液のもつ浄化・消臭作用で気にならなくなってきます。

 

口臭を防ぐには、唾液が効果があります。しかし、柔らかい食べ物ばかりだと、噛むことが少なくなり、その結果唾液の量が減って口の中が乾燥し、口臭がきつくなります。

 

先ほどの食べ物と違いすぐに臭くなるわけではないのですが、あまり柔らかいものばかり食べている方は、ご注意くださいね。