マウスピースが口臭の原因に

マウスピースを使用していると、それが原因で口臭が悪化してしまうことがあります。

 

マウスピースをつけたまま食事をする人などは、どうしても食べ物や飲み物のカスがマウスピースに付着してしまいやすいです。

 

特に口内は適温かつ湿気もあるため、いっきに繁殖してしまうこともあります。

 

この成長した細菌が悪臭を放つことで、あなたの口臭が悪化してしまうのです。また、人によってはマウスピースを装着することによって、唾液分泌が妨げられてしまうことがあります。

 

分泌量が減っていくことで、口内が乾燥します。これもまた、口臭の原因になってしまうことがあるのです。

 

もちろんマウスピースをしていても、口臭の悪化を防ぐことは十分可能です。こまめな手入れは何よりも重要でしょう。

 

食べかすが付着したままにならないよう、歯ブラシはもちろん、より細かいところまで手入れが出来るアイテムを使って、マウスピース自体を清潔に保つようにしてください。更に、こまめに水分をとり、口内が乾燥してしまうのを防ぎましょう。